千葉県柏市の動物病院 | 犬・猫・エキゾチック・小動物

柏メルビー動物病院

「 投稿者アーカイブ:meruby 」 一覧

脱腸 チンチラ 整復手術 直腸切除 吻合手術

脱腸は直腸が肛門から脱出してしまっている状態であり、正式には直腸脱といいます。 原因はわかられていないことが多く、腸炎や腸内細菌の異常増殖に伴って発生するとされています。 また、腸重責と言って、腸が重 ...

肺腫瘍 猫 膿胸 手術 肺葉切除 慢性化膿性気管支炎

2023/02/17   -, 症例情報

猫の肺腫瘍は時折遭遇する疾患であり、悪性のものの割合が高いとされています。 肺の腫瘍は、原発巣が他の部位にあって、その転移先として認められることがあります。 肺に単独の腫瘍があり、かつ他部位に転移が認 ...

軟口蓋過長 犬 トイプードル 呼吸困難 ゼーゼー音 軟口蓋切除

2023/02/08   -, 症例情報

軟口蓋とは喉の奥にある膜様の構造であり、鼻と口を分ける役割をしています。 軟口蓋が長いことによって空気の通り道である気道の閉塞がおきてしまい、いびきが出たり睡眠時に起きてしまうといった症状が出ます。 ...

リンパ腫 猫 小腸 高分化型 手術 抗がん剤治療

2023/02/07   -, 症例情報

リンパ腫は体のどこにでもできる腫瘍であり、猫において一番発生が多い腫瘍でもあります。 小腸にできるタイプのリンパ腫は、大きく分けて二つのタイプがあり、低分化型と高分化型があります。 低分化型は悪性度が ...

no image

フィラリア予防超早期キャンペーン実施中!

2023/02/06   -お知らせ

最近当院でのキャンペーンの告知をホームページ上でできてなかったので、久しぶりにお知らせします。 2月は、フィラリア予防の超早期キャンペーン!を実施します! 2月中にシンパリカトリオ(ノミダニフィラリア ...

不正咬合 チンチラ 口内炎 CT検査 臼歯削り

不正咬合はチンチラによく認められる疾患であり、臼歯の過長が原因となってしまうことが多いです。 症状のないチンチラの35%において何らかの歯科疾患が認められたとする報告もあります。 基本的に全年齢におい ...

皮膚腫瘍 リチャードソンジリス 腺癌 腫瘍 手術 抗がん剤

リチャードソンジリスにも皮膚腫瘍は多くできることが経験されます。 今まではジリスにあまり腫瘍ができることは少ないとされていましたが、最近の報告では皮膚の病気の1/4程度が腫瘍性疾患が占めるとされていま ...

no image

年末年始の診療に関して

2022/12/24   -お知らせ

年末の診療は12/30まで9:00〜12:00、15:00〜20:00の通常診療です。 12/31〜1/3は休診となります。 この期間は緊急の診療に関しては受付けます。診察や検査、治療代の他に時間外診 ...

no image

うさぎキャンペーン実施中!

2022/11/07   -お知らせ

だんだん寒くなってきましたね。 今月は、うさぎさんのキャンペーンを実施します。 キャンペーン内容は、うさぎさんの初診料、再診料が無料になります。 寒さで胃腸の動きが悪くなってくる子も多いものです。 気 ...

子宮蓄膿症 パイオメトラ チンチラ 手術 卵巣子宮摘出術

チンチラでの子宮疾患は他の動物に比べて少ないとされています。 子宮蓄膿症とは子宮内膜炎が起こり、そこに感染が成立して膿性液が貯まることで発症します。女性ホルモンである黄体ホルモンの影響が強く考えられて ...

柏メルビー動物病院
Main Menu

Copyright© 柏メルビー動物病院 , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.

お電話でのお問い合わせ