千葉県柏市の動物病院 | 犬・猫・エキゾチック・小動物

柏メルビー動物病院

症例情報

大腿骨頭成長板骨折 猫 大腿骨頭切除術 足を滑らせた 足をつかない

更新日:

成長板骨折は若齢の動物におこってしまう疾患であり、剥離するような骨折になります。

中でも大腿骨頭の成長板骨折は、骨頭の頭が外れるように骨折が起きてしまう状態で、受傷後痛みから足をつかなくなります。

診断は触診から股関節の痛みを疑い、レントゲンにて行いますが、撮影する角度によってはわかりづらいこともあります。

治療は骨折部の整復と固定を外科的に行うことですが、動物や骨折片の大きさによっては大腿骨頭切除術が選択されることもあります。

症例

1歳のラガマフィンが左後肢の跛行を主訴に来院しました。

レントゲンにて大腿骨の成長板骨折があることがわかりました。

レントゲン 向かって右の大腿骨頭のズレがわかる
レントゲン 向かって右の大腿骨頭に亀裂が入っている

また心膜横隔膜ヘルニアがあったので、麻酔リスクを下げるために、先に心膜横隔膜ヘルニアの整復を実施しました。

その後、状態の安定を待ってから大腿骨の成長板骨折の手術を行いました。

骨折片が小さいこと、状態によっては固定がずれてしまうリスクを考え、術式は大腿骨頭切除術を選択しました。

麻酔をかけて、まずはCTを撮影し、成長板骨折であることを確認しました。

CT画像 向かって右の大腿骨頭のズレが認められる

その後体位を横にして固定し、大腿骨頭にアプローチしました。

皮膚や筋肉を切開し、実際に大腿骨頭を観察してみると、表面が剥がれるように骨折をしていました。

骨頭の亀裂が見える
大腿骨頭をつかんでいるところ

表面が剥がれている骨頭ごと切除を行い、関節面に骨が直接当たっている状態を改善させることができました。

術後レントゲン

術後は徐々に痛みが取れていき、ほとんど正常に走ったり遊んだりすることができるようになりました。

股関節の痛みでお困りの小さなご家族がいる方は是非当院までご相談ください。

-, 症例情報

柏メルビー動物病院
Main Menu

Copyright© 柏メルビー動物病院 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.

お電話でのお問い合わせ