千葉県柏市の動物病院 | 犬・猫・エキゾチック・小動物

柏メルビー動物病院

「症例情報」 一覧

膀胱結石 グリーンイグアナ 胃内異物 卵胞うっ滞 手術

トカゲの尿路結石は膀胱結石や総排泄腔結石が一般的と言われています。 尿路結石の原因としてビタミンD、ビタミンAの欠乏、フードの過剰なタンパク質とシュウ酸、細菌感染、脱水などが知られています。 症状とし ...

卵胞うっ滞 フトアゴヒゲトカゲ 脂肪肝 手術 卵巣卵管摘出術

卵胞うっ滞とは、卵巣内に卵胞(卵の元となるもの)が未排卵のままで数週間持続する状態で、飼育環境や栄養不足、肥満などが原因とされています。 症状は食欲不振や削痩、腹囲膨満など出てくることがあります。 長 ...

大腿骨頭成長板骨折 猫 大腿骨頭切除術 足を滑らせた 足をつかない

2022/08/21   -, 症例情報

成長板骨折は若齢の動物におこってしまう疾患であり、剥離するような骨折になります。 中でも大腿骨頭の成長板骨折は、骨頭の頭が外れるように骨折が起きてしまう状態で、受傷後痛みから足をつかなくなります。 診 ...

鼻咽頭狭窄 猫 ズーズー呼吸音 拡張手術 再発

2022/08/19   -, 症例情報

鼻の奥、鼻咽頭という領域に狭くなってしまっている部分が有り、その部分の空気の通りが悪くなってしまい呼吸が苦しくなってしまう疾患です。 生まれつき狭い場合と後天的に狭くなってしまう場合が有り、猫では後天 ...

心膜横隔膜ヘルニア 猫 整復手術 麻酔管理 胸骨縦切開

2022/07/03   -, 症例情報

猫の心膜横隔膜ヘルニアの整復手術 心膜横隔膜ヘルニアとは、腹部の臓器が横隔膜を通り抜けて心膜内に出てしまう病気で先天性の病気となります。 心膜内とは胸の中になるので、脱出してしまった臓器が胸を圧迫して ...

ヒョウモントカゲモドキ 総排泄腔脱 臓器脱 整復手術

ヒョウモントカゲモドキの総排泄腔脱 ヒョウモントカゲモドキをはじめ、多くの爬虫類は総排泄腔脱を起こすことがあります。 尿や便が排泄される総排泄孔から直腸をはじめ臓器が反転し飛び出ることによって、臓器か ...

フトアゴヒゲトカゲ 異物誤食 吐き気 開腹手術 腸重積

フトアゴヒゲトカゲの消化管異物 開腹手術 フトアゴヒゲトカゲも他の爬虫類や犬猫同様、様々なものを誤食します。 特に多いのが飼育環境内にある床材やシェルターの破片などだが、時には寄生虫の塊が閉塞を起こし ...

デグー 慢性鼻炎 歯根過長 仮性歯牙腫 手術 円鋸術

デグーの慢性鼻炎 歯根過長 仮性歯牙腫 円鋸術 デグーの慢性鼻炎は歯科疾患が原因のものが多くを占めており、慢性的な臼歯の過長によって臼歯の歯根の過長がおき、鼻道を刺激することによって起きます。 臼歯の ...

フクロモモンガ 足先の壊死 絞扼 断脚手術

フクロモモンガの足先の壊死 絞扼 断脚手術 フクロモモンガは元々の生活の性質上、足先が布などの繊維性のものに絡まってしまうことがあります。自力で外せたり、すぐに気づいて外したりできれば良いが、絡まって ...

肝臓腫瘍 犬 手術 脂肪肉腫 中央肝区域 

2022/05/09   -, 症例情報

肝臓腫瘍 肝臓原発の腫瘍は珍しく、犬で腫瘍の0.6〜1.3%、猫で腫瘍の1.0〜2.9%で認められるとされています。 肝臓に腫瘍を認めた場合、犬では肝臓以外の腫瘍からの転移が一般的で、肝臓原発性の腫瘍 ...

柏メルビー動物病院
Main Menu

Copyright© 柏メルビー動物病院 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.

お電話でのお問い合わせ